美容・健康・生活情報メディア「ネタコミ」

美容・健康・生活情報を中心に情報発信しています

*

腸内環境をよくする食べ物!肌荒れと便秘を解消しよう!

      2016/11/02

http://www.photo-ac.com


腸の働きによって体へ起こる変化や症状も変わってきます。

主に便秘肌荒れと言った症状が起こりやすくなるため、女性は特に気をつけたいところです。

そこで今回は、腸内環境を良くするための食べ物をご紹介します。

Sponsored Link

腸内環境が悪くなる原因

腸内環境が悪化する原因として挙げられるのは、やはり食べ物による影響が大きいです。

というのも、腸内には善玉菌悪玉菌の2種類の細菌があります。

あらためて説明するまでもありませんが、善玉菌は体にとって良い細菌であり、反対の悪玉菌は体に悪い細菌のことです。

腸内環境を悪くするのはこの悪玉菌であり、便秘などを引き起こす原因となっているのも悪玉菌なのです。

要するに、腸内環境を良くするためには悪玉菌を減らし善玉菌を増やすことが大切だというわけです。

腸内環境を良くすれば、肌荒れ便秘といった症状も自然と治りますし、健康な体を保つことができるのです。

では、腸内環境を良くするためにはどうすればいいのか・・。

それは、やはり食生活を改善することです。
人間の体を作り上げているのは心身の健康の基本となる食育です。

普段の食事に、高カロリーな食べ物を良く食べたり、外食で済ませたり、ファーストフードインスタント食品を頻繁に食べる人は、腸内環境や身体の健康を害している可能性が大きくあります。

食生活の乱れ腸内環境に大きなダメージを与えているので、注意が必要です。

腸内環境を整える食べ物

では、腸内の働きを良くし、肌荒れ便秘といった悩みを解消する食べ物は何なのか?

食材ごとに、ご紹介していきたいと思います。

ヨーグルト

http://www.photo-ac.com

http://www.photo-ac.com

ヨーグルトは、腸内環境を整えるのに非常に優れた食べ物です。

ヨーグルトの特徴は乳酸菌であることです。

乳酸菌は生きた菌であり、善玉菌であるため腸内の働きを良くしてくれます。

また、ビフィズス菌も乳酸菌のなかでも代表的な菌ですが、通常の菌よりも多くの乳酸菌が含まれています。

よくスーパーで見かけるヨーグルトの種類で「ビフィズス菌入り」というのがありますよね?

有名なのが明治プロビオヨーグルトビビタスヨーグルト明治ヨーグルトR1など、メーカーによって様々な種類があります。

ヨーグルトを購入する際は「ビフィズス菌入り」に着目して見てみると良いでしょう。

食物繊維を摂取する

http://www.photo-ac.com

http://www.photo-ac.com

緑黄色野菜などに含まれる食物繊維は、便秘解消に良いと言われています。

便秘になりやすい人は、食物繊維が不足している場合が多いですので、積極的に摂取したいところです。

ただし、食物繊維には水に溶けやすい「水溶性食物繊維」と水に溶けない「不溶性食物繊維」の2種類があり、両方をバランスよく摂取しないと便秘解消につながりません。

やはり食育の基本はバランスが大切だということが再確認できますね。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は便を柔らかくしてくれる働きがあります。

主な食材はこちら。

  • わかめ
  • 昆布
  • 海藻
  • こんにゃく

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は、小食で便秘がちの方の便の排出を促し、便秘解消に役立つの食物繊維のひとつです。

主な食材はこちら。

  • 大豆
  • ごぼう
  • ほうれん草
  • さつまいも
  • かぼちゃ
  • ブロッコリー
  • きのこ類

などが挙げられます。

上記のような食物繊維をバランスよく摂取すれば、自然と腸内環境の働きが良くなり、便秘解消につながってくるのです。

また、食物繊維の摂取の際は水分も一緒に摂ることが大切です。

水分を摂らないと便が硬くなりますし、せっかく食物繊維を摂取しても便秘につながってしまいますよ。

腸内環境とお肌の関係

腸内環境が良くなると美肌に繋がり、逆に腸内環境が悪くなると肌荒れの原因となる・・なぜでしょうか・・?

原因はやはり腸内の悪玉菌でした。

悪玉菌から発生した有害物質により栄養を吸収しにくくなり、肌へ影響するわけですね。

悪玉菌は腸内だけに影響するかと思いきや、肌にも影響するんです^^;

もしも腸内の細胞が善玉菌でキレイになれば、栄養も肌に行き届くようになりますので、肌の調子も改善していきます。

なので、腸内環境が良いと美肌に繋がりますし、お肌の乾燥なども自然と少なくなってくるのです。

まとめ

お肌のトラブルや便秘は、実は腸内環境が大きく影響しているのです。

腸内環境を良くするには善玉菌を増やすこと。
善玉菌を増やすには腸内環境を良くする食べ物を摂取することが大切だということです。

食物繊維やビフィズス菌が豊富なヨーグルトなどを取り入れ、普段の食生活を改善することが解消に繋がります。

便秘や肌荒れ解消のために、まずは身近で簡単にできる食育からはじめましょう!

 - 健康, 食べ物 , ,

こんな記事も読まれています