美容・健康・生活情報メディア「ネタコミ」

美容・健康・生活情報を中心に情報発信しています

*

ウイルス性イボに効果のあるヨクイニン錠!安くておすすめなのはこれ!

      2017/01/19



ヨクイニン錠はウイルス性イボに効くとされており、日本でも古くからイボ取りのために用いられてきました。

筆者もつい最近までウイルス性のイボに悩まされていましたが、ヨクイニン錠のおかげでウイルス性イボもすっかりと完治してくれました。

今回は、ウイルス性のイボを治すために私が用いたオススメのヨクイニン錠を紹介していきます。

Sponsored Link

ヨクイニンについて

漢方薬であるヨクイニンは、新陳代謝を高める特徴があり、肌ケア(肌荒れ予防)やイボの除去に効果があると古くから伝えられています。

(※元はイネ科のハトムギ種子のことで、皮を剥いた状態をヨクイニンと呼ぶそうです)

なぜヨクイニンがイボに効くのかは不明だとされていますが、確かにヨクイニンを服用することでイボが完治した人や肌が綺麗な人が多いのは確かです。

ちなみに皮膚科でのイボ治療では、液体窒素療法と同時にヨクイニン錠やヨクイニン粉末を処方してくれることから、イボ治療には効果的な漢方薬だと考えられています。

「木酢液+ヨクイニン」でウイルス性イボが完治した事例

実は私筆者も数年前にウイルス性のイボで悩まされたことがあって、ひどい時には手の指に1cm弱のイボが複数ありました。

そんな時にネットで調べて購入したのが木酢液ヨクイニン錠でした。

私が行った木酢液の治療については別の記事で説明しますが、ヨクイニン錠はイボ治療には欠かせないアイテムとして常に服用し続けていました。

関連記事
木酢液クリアで指にあるウイルス性イボを完治させた話【その①】

即効性はないが、ウイルス性イボに効果的

まず言えることは、ヨクイニン錠を飲むだけではウイルス性のイボは完治しません。これは私の経験から言えることです。

また、1ヶ月程度の服用でも効果は現れません。ヨクイニン錠は長期的に飲み続けないと意味がないと私は思っています。

私の経験では、ウイルス性のイボにおいて、ヨクイニン錠の効果を感じるのは3ヶ月以上の服用です。

3ヶ月飲み続けてようやく、「お、少し効果が出てきたな?」というイメージですね。

ヨクイニンではどのような効果を感じるのか?

では「実際にヨクイニンでどのような効果を感じるのか?」ということですが、これは私が治療で使う木酢液による効果の違いを感じました。

通常、木酢液でイボを治療すると、1週間程度でイボが黒くなってイボが死んでいくような姿になっていきます。さらに木酢液の治療を続けていくと、黒くなったイボがポロっと取れて治っていく・・、というのが治療の流れです。

私が効果を実感したのは、ヨクイニン錠を服用することで根元からイボが黒くなるスピードが早くなるということです。

ここで少し私の実体験を書いていこうと思います↓

ヨクイニンを飲まずに木酢液のみで治療をした場合

ヨクイニン錠を飲まずに木酢液のみで治療をすると、イボが黒くなるまでに1週間以上かかることがあったり、根元まで黒くならないので何度も何度も繰り返すこともあります。(しつこいイボだと1個で1ヶ月かかったこともありました・・)

筆者は木酢液だけで手の平や指にあるイボを全て取り除いたことがありますが、実は半年後ぐらいにイボが再発してしまいます。

そこで私は思いました。
ああ、木酢液だと表面的な部分だけの治療なんだな・・

と・・。

その後、再発したイボを放置・・。(小さいイボだったので放置していました)

仕事も忙しかったですし、面倒臭くて放置し続けて1年、再び大量のイボが指にできてしまったのです・・。(涙)

ヨクイニンを服用し、木酢液で治療すると・・

体の内側からイボを治す、ウイルス性イボに効果的」といったキャッチフレーズを見た私は、ヨクイニン錠を服用しながら治療することにしました。

『表面的な治療の木酢液と、体の内側から治療するヨクイニン』
「これでイボを完全に完治させよう!」と。

その効果ですが、ヨクイニン錠を服用しながら木酢液の治療すると、イボが根元まで黒くなっていくのがはっきりと分かり、治療スピードが圧倒的に早くなりました

黒くなった後は、数日間経てば爪楊枝でポロっと取れるようになります。

根元がそこまで深くないイボだと1週間もあれば傷口も完全に完治します。

あくまでも私の体験です。

私が服用したヨクイニン錠はこれ

私が服用していたヨクイニン錠はクラシエ薬品のヨクイニンタブレット錠です。

もうこれは7ヶ月ぐらい服用し続けましたね。(一応自宅にストックがあります^^)

18錠(1日の摂取量)で1,500mgのヨクイニンエキスが含まれています。

錠剤は小さめなので、1回6錠の服用でも全然平気です。

もちろん副作用的なものは全くありませんでした。

ちなみに今は下記のようにパッケージが変わっています。成分は全く変わっていないので大丈夫です。

しつこいイボにはこちらもおすすめ

根が深く、大きなイボにはこちらの本草製薬のヨクイニン錠Sがおすすめです。

クラシエのヨクイニンタブレットよりもヨクイニンエキス成分が多いということで、私は途中でこちらに切り替えました。

18錠(1日の摂取量)で4,200mgのヨクイニンエキスが含まれています。
クラシエに比べると2倍以上のヨクイニンエキスです。

粒は大きめなので少し飲みにくいかもしれません。(慣れれば平気です)

私自身の体感ですが、クラシエよりも本草のヨクイニン錠のほうが効き目があるような感じです。やはりヨクイニンエキスの量が多いからでしょうかね。

個人的には本草製薬のヨクイニン錠がおすすめ

私自身の体感ですが、本草製薬のヨクイニン錠のほうが効果があったように感じています。

イボの治りが早いというか、根元からしっかりとイボを黒くしてくれる感じがあったので非常に効果的に思いました。

ヨクイニンエキスの成分量の違いも含めて、本草製薬のほうがお得かもしれませんね。

また、ヨクイニンはイボ取りだけじゃなく肌荒れにも効果的なので、私は同時にお肌も綺麗になりましたよ^^

本記事はあくまでも私の体験です。全ての方に効果があるとは限りません。

関連記事
木酢液クリアで指にあるウイルス性イボを完治させた話【その①】

 - その他皮膚病, 健康

こんな記事も読まれています