美容・健康・生活情報メディア「ネタコミ」

美容・健康・生活情報を中心に情報発信しています

*

顔ダニの対策!かゆみや肌荒れなどのアレルギー症状を抑えよう!

      2016/11/02

顔ダニ
http://www.photo-ac.com


肌荒れというのは、食生活の乱れやストレス、睡眠不足だけが原因ではありません。

実はみなさんの顔には顔ダニと呼ばれるダニが存在しています。

えっ!気持ち悪い・・。嘘じゃね?

誰もがそう思うでしょう。

だけど、いくらキレイに手入れしている人でも必ず顔ダニは存在しています。

そう、我々はどんな時でも常に顔ダニとともに生活をしているわけです。(笑)
そう考えると酷ですが本当なんですね^^;

顔ダニがすべてに悪影響を及ぼすというと語弊があるのですが、顔に寄生する数が必要以上に多いとかゆみや肌荒れの原因となります。

では一体顔ダニはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

今回は顔ダニの対策と原因、症状などをまとめてみましたのでご紹介します。

Sponsored Link

顔ダニって何?

顔ダニとはその名の通り顔に寄生するダニのことを指し、ほぼすべての哺乳類の皮膚に存在します。

中でもニキビダニは人間の成人のほぼ100%に近いぐらい寄生しており、我々と共に生きているのです。

顔ダニは我々哺乳類の皮細胞と皮脂をエサにして生きており、毛根の中にいます。
特に顔は皮脂が多いため、多くのダニが生息しているのです。

そう考えると、たまに頭が痒くなったり顔が痒くなったりしますが、あれはひょっとして彼らの仕業なんでしょうかね^^:そこまでははっきりと分かりませんが、気持ち悪いですね〜。

顔ダニはお肌へのメリットがある?

顔ダニを想像すると、なんだか嫌なヤツですが、実はメリットもあるのです。

それは顔に顔ダニが生息するだけで顔の皮脂を食べてくれます。
つまり顔ダニによって皮脂のバランスが保たれるので肌のトラブルから救ってくれるのです。

では、仮に顔ダニが一匹もいなかったらどうなってしまうのか・・?

顔ダニがいないと皮脂のバランスを保てませんので乾燥肌ニキビができやすくなり、正常なお肌を保つことができなくなります。

そう、顔ダニが少なすぎてもダメらしいのです。

少ないほうが気持ちがいい気がしますが、実はそうではなかったんですね〜。

逆に顔ダニが多すぎると、顔ダニのフンや死骸が増えて顔に残りやすくなります。
そうなると、毛穴に詰まったりニキビや肌荒れになっていくのです。

う〜ん、顔ダニは多すぎても少なすぎてもダメなんですねぇ。やっぱり何でもバランスって大切だと思いますね。

顔ダニの症状について

顔ダニによって顔へのダメージは少なからず出てきます。
特に顔ダニの量のバランスの悪い方は要注意かもしれませんね。

ここでは、顔ダニが多すぎた場合の症状を見ていきましょう。

顔が痒くなる

顔ダニによって痒みが出て、酷い場合はアレルギーのように赤く腫れ上がります。

もちろんそれを掻いてしまうとさらに悪化していきます。

乾燥肌につながる

顔ダニが多いと、その分皮脂が多く食べられてしまうので、乾燥肌になってしまいます。

もしかしたらその乾燥肌、顔ダニが原因かもしれませんよ・・。

ニキビが増える

顔ダニが多いと、毛穴に死骸やフンが溜まってしまいます。

死骸やフンは良いものではありませんので、ニキビが増えていくわけです。

老化につながる

顔ダニが多くなると、皮細胞を多く傷つけられますので、ツヤが無くなったり老化へつながっていきます。

酒さにかかってしまう恐れも

酒さとは慢性炎症性疾患のことで、顔が火照ったように赤みを帯びた状態になる病気です。

白人に多いとされており、アメリカでは非常に多くの患者がいるそうです。

顔ダニの主な原因

顔ダニの原因は一体なんでしょうか・・?

顔ダニは、顔を不潔な状態に保つことで発生し、常に生息し続けています。

上記の理由は誰でも分かりますが、実は無意識にも、顔ダニを増やす行為を我々は毎日やっているのです。

それは「洗顔」です。

えっ!洗顔はお顔を奇麗にしているのでは?

一見みなそう思うことでしょう。

洗顔によって顔の汚れを落とし、清潔に保っているように見えるのですが、実は洗顔フォームでの洗い残しが非常に多いのです。

洗顔フォームを洗い残してしまうと、そこから菌などが増殖したり顔ダニが大好きな環境になってしまうので、多く発生するようになるわけですね。

なのでしっかりと洗い落とすことが大切なのです。

顔ダニの対処法について

顔ダニはあくまでバランスが大切です。

たくさん駆除してもお肌にあまりよくありませんからね。

とは言っても必要以上に寄生した顔ダニを放っておくわけにはいきません。

やはり適切に対処していきたいところです。

洗顔をしっかり行う

洗顔は朝と夜にしっかりと行いましょう。

特に顔ダニは夜行性なので夜に洗顔してキレイにしても寝ている時に活動し始めます。

朝起きた際は必ず顔を洗い、清潔に保つようにしてください。

当然、洗顔剤をお肌に残さないように丁寧に行ってくださいね。

ナチュラルメイクを心がける

顔ダニは濃いメイク人に寄生しやすいと言われています。

顔ダニだけじゃなくお肌のことを考えても、やはり薄いナチュラルメイクがいいでしょう。

顔のむだ毛をなくす

毛根に生息する顔ダニは、むだ毛があると細菌を繁殖させますので、彼らにとって良い環境になります。

できるだけ顔剃りでむだ毛を処理しましょう。

食生活を改善させる

食生活が乱れると皮脂の分泌が増えて、顔ダニの好む環境になってしまいます。

なるべくバランスの良い食事を心がけることが大切です。

ステロイド剤はなるべく使用しない

免疫力低下につながるステロイド剤はなるべく使用しないようにしましょう。

主に虫刺されやアトピー、あせもなどの皮膚外用剤が該当します。

まとめ

顔ダニは一定の量は必要ですが、多すぎたり少なすぎると肌に悪影響を及ぼします。

何か原因が分からないような肌トラブルがあった場合、1度顔ダニのことを思い出してみてもいいかもしれませんね。

顔ダニは人間に必要なものです。普段健康であれば、そこまで気にする必要はないでしょう。

 - 美容

こんな記事も読まれています