美容・健康・生活情報メディア「ネタコミ」

美容・健康・生活情報を中心に情報発信しています

*

玉ねぎの栄養と効能!食べ過ぎるとよくないのか?

      2016/11/02

玉ねぎ 効能
http://www.photo-ac.com


健康に良いと言われている玉ねぎですが、実際の栄養や身体への効能はどういったものがあるのでしょうか。

日本の食卓には欠かせない食べ物なんですが、テレビや雑誌などではアンチエイジング対策になるなんて情報もありますよね。

そこで今回は、玉ねぎの栄養と効能についてご紹介していきますね。

Sponsored Link

玉ねぎの栄養

まず、玉ねぎに含まれる栄養素とその効果についてご説明します。

(玉ねぎは、生で食べる場合と加熱する場合の栄養素が異なることに注目してください)

酸化アリル

酸化アリルは玉ねぎの臭い成分でもあります。ビタミンB1の吸収率を高めてくれて、肉や魚の臭みを消す効果もあるのです。

この成分は加熱することでプロピルメルカプタンという成分に変化してより甘味が強くなり、旨味成分が出てきます。

酸化プロピル

生のまま玉ねぎを食べると酸化プロピルの働きによって血糖値の上昇を防いだり血液をサラサラにしてくれる効果もあります。

また、加熱するとトリスルフィドと呼ばれる物質へ変化し、それがコレステロール値中性脂肪値の改善に効果があるとされているのです。

ケルセチン

ポリフェノールの一種であり、抗酸化作用があります。

悪玉コレステロールの酸化を防止して、血液をサラサラにしてくれる働きがあるのです。

玉ねぎの効能など

玉ねぎ 効能

http://www.photo-ac.com

高血圧予防になる

玉ねぎは血栓を溶かしてくれるため、体内の血行を良くしてくれます

また、コレステロール値を正常にしてくれるため、高血圧予防動脈硬化脳梗塞といった病気の予防にもなるのです。

疲労回復

ビタミンB1の吸収を良くしてくれるので、疲労精神疲労不眠などに効果があるとされています。

特に夕食に玉ねぎを食べるといいでしょう。

デトックス効果

玉ねぎに含まれるケルセチンによって体内の毒素を封じ込めてくれますので解毒効果があると言われています。

アンチエイジング・ダイエット効果

玉ねぎは中性脂肪を燃やす働きがあるため、ダイエット効果に期待ができます。もちろん食べるだけで痩せるとは言えませんが、ダイエット中に取り入れることで相乗効果を発揮するわけですね。

また、抗酸化作用によって生活習慣病の改善に役立ちます。
美容やアンチエイジング対策にはバッチリですね。

便秘改善

食物繊維が多く含まれているので、便秘や便通改善の効果があります。

便秘に悩む方は是非日々の食事に取り入れたいものです。

玉ねぎはたくさん食べてもいいの?

上記のように玉ねぎには主に血流を良くしたり、アンチエイジング対策、疲労回復などの健康効果があるのですが、玉ねぎはたくさん食べても良いのでしょうか・・?

健康のためならたくさん食べたいという方もいるのではないでしょうか。

答えはたくさん食べても問題はありません。
ただし、注意すべき点はいくつかあります。

まず、玉ねぎは生で食べると胃を痛める可能性があります。
玉ねぎに含まれるアリシンには殺菌作用があり、その成分が胃を刺激する場合があるのです。

なので玉ねぎを生で食べた後に、胃がもたれたり腹痛下痢を起こすとアリシンの成分のせいだと考えてもいいでしょう。

元々胃が弱い方はできるだけ加熱して食べるようにしてください。

また、玉ねぎを食べ過ぎると体臭がキツくなるとも言われています。

酸化アリルによって成分が血液中から全身に回ることで、皮膚から放出されることが原因だとされています。

嗅いでみると分かりますよ・・独特な臭いですから^^;

栄養面ではたくさん食べても問題ないのですが、胃への負担などを考えると適度な量を心がけたほうがいいでしょうね。

まとめ

玉ねぎは、血流を良くしたりアンチエイジング対策に効果的な食べ物です。

高血圧動脈硬化脳梗塞といった病気の予防にもつながりますし、健康面で非常に効果を発揮してくれます。

食べ過ぎには注意が必要ですが、日頃の食事にできるだけ取り入れたい食べ物だと言えるのです。

 - 健康, 食べ物

こんな記事も読まれています