美容・健康・生活情報メディア「ネタコミ」

美容・健康・生活情報を中心に情報発信しています

*

背中の痒みの原因と対策!危険な病気が隠されてるらしい

      2016/11/02

背中の痒みの原因
http://www.photo-ac.com


背中の痒みって気になりませんか?

背中は自分では見えない部分ですし、見えないだけに赤くなってても構わずに掻いてしまいます。

そしてふと鏡で見ると、知らないうちにブツブツができている、ショックだ・・。

やっぱり、赤くブツブツのある汚い背中と思われたくないですし、特に女性は気をつけたいものですね^^;

冬場になると背中ニキビが発生しやすいですから、注意したいものです。

そこで今回は、背中の痒みの原因と対策、隠された病気などを紹介したいと思います。

Sponsored Link

背中の痒みの原因

背中が痒いのはなぜでしょうか?

原因として考えられることをいくつか説明しますね。

乾燥が原因

背中の痒みの一番の原因とされているのは「乾燥」だと言われています。

お肌の乾燥は冬場に多いと考えられていますが、実はお肌の乾燥は冬場だけではありません。

実は夏も乾燥を引き起こす場合があるのです。
夏場は汗をかきますから、その汗が蒸発することで皮膚に必要な水分を奪ってしまい、乾燥につながるわけです。

なので、お肌は季節を問わず乾燥してしまいますし、年間を通してケアが必要だということです。

ボディーソープが原因

背中は手が届きませんので、シャンプーボディーソープを洗い残してしまうケースがあります。

いつもシャワーで済ませている方は、特に泡が残ってしまう可能性があるのです。

泡が残ると、痒みや赤くなる原因となり、乾燥につながるわけです。

ストレスが原因

ストレス性皮膚炎と呼ばれる症状があり、その多くは自律神経の乱れによって引き起こります。

症状は痒みから始まり、ひどくなると赤くなったりもします。

痒みから始まる症状

痒みを感じると、次第に様々な症状が出てきます。

主にアトピー蕁麻疹など、皮膚が赤く炎症したり、ボコッと盛り上がったり、カサカサして乾燥したりします。

乾燥肌の背中ニキビに悩む女性は多いようです。

ついついかいでしまう背中は、知らないうちにニキビを潰してしまいます。

ニキビを潰してしまうと、ニキビ跡がずっと残ってしまいます。

ニキビ跡が残ってしまうと、女性は背中の出る洋服やプールの際の水着も嫌になっちゃいますからね^^;

見えないからといって触らないように注意が必要ですね。

背中の痒みの対処法

主に乾燥から始まる背中の痒みですが、簡単にできる痒みの対処法を紹介しますね。

なるべく擦らない

体を洗う際、硬いタオルでゴシゴシ洗えば汚れが取れると思っていませんか?
実はゴシゴシと洗うのはお肌にダメージを与えるだけでよくありません。

洗いすぎると水分や脂を奪ってしまい、乾燥を引き起こすのです。

ボディタオルはなるべく柔らく、お肌に刺激の少ないタオルで洗いましょう。

最近は手で撫でるようにして体を洗う手法も流行っていますので、そういった手法も取り入れるといいでしょうね。

パリの女性の半数は手で体を洗うそうですよ〜!

肌に合ったボディーソープを使う

自分のお肌に合ったボディーソープを使いましょう。

液体ボディソープの場合、合成界面活性剤等の刺激の強い成分が含まれているため、お肌に良くありません。

なるべく固形石鹸で刺激の少ないものを使用しましょう。

泡が残らないように洗い流す

乾燥の原因で書いたように、泡が残ってしまうと乾燥の原因になります。

背中もしっかりと洗い流して泡が残らないようにしましょう。

湯船の温度設定を調整

お風呂のお湯が熱すぎると、痒みのある箇所がヒリヒリしてしまいます。

なるべく熱すぎない温度に設定して刺激がないようにしましょう。

入浴後など、背中が濡れたら優しく拭き取る

お風呂上がりや背中が濡れた際は、タオルで優しく拭き取ります。

このとき、ゴシゴシ拭くのではなく押し当てるように水気を取りましょう。

保湿クリームを塗る

保湿クリームは必須かもしれません。

しかし背中はなかなか手が届きません^^:

旦那さんがいる場合はお風呂上がりなどに塗ってもらうといいでしょう。

背中の痒みは病気か?

ただの乾燥による痒みと思われがちですが、
背中の痒みには重大な病気が隠されている可能性もあります。

病気が潜んでいる方は少数なんですが、一応予備知識として知っておいてください。

糖尿病

糖尿病は進行度によって様々な症状が現れます。

喉が極端に渇いたり、尿意が近かったり、足がしびれたり、むくみがでたり・・。

症状によっては手足や背中などが痒くなることがあるので、気をつけて頂きたいです。

慢性腎不全

初期症状は、尿意が近くなったり、胸や足がチクチク痛くなったり、体の部位に痛みを感じたり、全身へかゆみが出たりします。

症状が進行すると、皮膚が黄ばんで粉が吹く場合もあるのです。

原発性胆汁性肝硬変

主に初期症状で全身へ痒みや疲労感が出ます。

症状が進行することで体のむくみや腹水などの症状も現れます。

特に30代〜60代の女性に多いようです。

上記の病気を発症するのは少数だとは思いますが、念のために知識として抑えておくといいでしょうね。

まとめ

背中の痒みは主に「乾燥」が原因だと考えてください。

乾燥を引き起こす原因を何点か挙げましたが、心あたりのある方は是非対策を行ってくださいね。

そして乾燥は冬場だけに起こるものではありません。

夏など、季節を問わず起こってしまうので日々のケアが大切です。

まずは自分の肌を知ることが大事なので、
自分のお肌に合わせたボディーソープや保湿クリームなど、
いろいろ試しながら適切なケアを心がけてくださいね☆

 - 健康, 病気

こんな記事も読まれています