美容・健康・生活情報メディア「ネタコミ」

美容・健康・生活情報を中心に情報発信しています

*

餃子ダイエットの方法!本当に体重は落ちるのだろうか?

      2016/11/02

餃子ダイエット
http://www.photo-ac.com


餃子ダイエットという衝撃のダイエット方法をご存知でしょうか?

ダイエット中の人なら避けたいであろう食べ物である「餃子」。
それを食べて痩せるなんて驚きです^^;

果たしてどのように行うのでしょうか?そして効果はあるのでしょうか・・?

今回は餃子ダイエットの方法を紹介します。

Sponsored Link

餃子ダイエットの秘密

太るというイメージの餃子。

油であげてお肉が詰まっている・・。
餃子はカロリー高いし太るんじゃね?」と思うのが普通だと思います。

しかし実際は違います。

普通の餃子のカロリーは約20gで34キロカロリーと低カロリーです。

そして餃子はなんと言っても栄養満点です。

餃子のひき肉でたんぱく質を補い、皮でエネルギー源である炭水化物を取り、ニラやキャベツ等の食物繊維ミネラルが豊富の具材。

栄養源が餃子一つで詰まっており、カロリーも低い。
これほど優秀な食べ物は他にはありません。

さらに、具材が細かいので消化も良く、食べやすいのも特徴です。

実は餃子は、上記のように素晴らしい食べ物なのです。

だけど、なぜ餃子が太るというイメージがついたのでしょうか?

餃子と一緒に食べるものが原因

餃子ダイエット

http://www.photo-ac.com

餃子が食卓や外食先で並ぶとき、あくまで副食というポジションで出てきます。

特に外食ではラーメンやチャーハンと一緒に出ることが定番で、
高カロリーの食べ物と一緒に食べることで太るというイメージがついたのです。

明確には「餃子=太る」ではなく、

ラーメン+餃子=太る」です。

餃子単品でみると、カロリーも低いし栄養価も高い食べ物だということを抑えておいてください。

実際に餃子で痩せるのか?

しかしながら、餃子を食べると本当に痩せるのでしょうか。

実はこの餃子ダイエット、ボクシングジムの女性会長である渡久地聡美さんが考案したダイエット方法です。

これは、ジム生が餃子で減量に成功したことをヒントに、
このダイエット法を完成させたそうです。

テレビ番組でも特集されていまして、実践者が見事に痩せています。

実践者は女子プロレスラーのダンプ松本さん。

テレビの企画で実践したところ、なんと10日で9キロもダイエットに成功しています。

そして考案者の渡久地さんも、1ヶ月の餃子ダイエットで8キロ落としています。

 

凄いですね・・、ここまで痩せるとはね・・。

痩せる体重量には個人差がありますが、上手に行えば劇的に痩せることが可能だということです。

なぜ餃子でこんなに痩せるのか?

餃子ダイエット

http://www.photo-ac.com

ダイエットを効率よく行うためには、基礎代謝を上げなければいけません。

無理なダイエットは栄養不足になりがちですし、栄養不足になれば基礎代謝も下がってきます。

基礎代謝が下がると、なかなか脂肪が燃焼できませんので痩せることが難しくなるのです。

しかし栄養価の高い餃子をダイエットに用いることで、基礎代謝を保ったまま低カロリーの餃子を食べることになりますので、最終的に体重が落ちていくというわけですね。

餃子ダイエットの方法

肝心の餃子ダイエットの方法ですが、餃子をたくさん食べるわけではありません。

1日の食事量を見直しながら、栄養を餃子で補うような感覚だと考えてください。

朝:バナナ1本・100%オレンジジュース等

昼:炭水化物やおかず等500g以内に抑える。水分は水やお茶、炭酸水など

夜:餃子12個〜16個

上記のような形で1日の食事を行います。

単純に餃子を食べるだけではなく、1日の食事制限の中で餃子を取り入れるわけです。

ちなみに餃子の種類は市販のものや手作りでもかまいません。

具材についても基本的には自由で、食べたい具材をチョイスしましょう。

夜は餃子のみを食べるのですが、これが案外大変です^^;

毎日同じ味だと辛いと思いますので、餃子の具材を変えながらいろんな種類の餃子を食べてみるといいでしょう。

まとめ

1日の食事の仕方が重要になってくる餃子ダイエットですが、
ツボにハマれば十分痩せることが可能なダイエットです。

栄養価が高く、低カロリーな餃子を上手に取り入れながら、美しく痩せましょう!

ただし、餃子の食べ過ぎには注意してくださいね☆

 - ダイエット, 食べて痩せる

こんな記事も読まれています