美容・健康・生活情報メディア「ネタコミ」

美容・健康・生活情報を中心に情報発信しています

*

8時間ダイエットの方法で成功するための秘訣は飲み物にあった!?

      2016/11/02


当ブログでは記事内容の無断転載、部分的な転載、リライト、撮影した写真の転載を一切禁止しております。当ブログの利用規約はこちら ※当ブログでは対策のために記事・文章コピペ検出チェックツールを導入しております。

海外で大人気となった8時間ダイエットですが、日本でもメディアで取り上げられたことで一躍ブームとなりました。

しかし実践者の中には、なかなか痩せることができないという方や、
辛さを感じて続かないというケースもあるみたいです^^;

ダイエットでは、成功する人や失敗する人など様々ですが、
この8時間ダイエットを成功させるためには、やはりそれなりの工夫が必要だということを覚えておいてください。

今回の記事では、8時間ダイエットの正しい方法や、成功するための秘訣などをご説明していきますね。

Sponsored Link

8時間ダイエットって何?

すでにご存知の方もいるとは思いますが、おさらいも兼ねて見ていきましょう。

8時間ダイエットとは、「1日の食べる時間を8時間以内におさめる」という手法です。

具体的には、「午前9時から午後5時までの8時間」あるいは「午前11時から午後7時までの8時間」の時間内なら何を食べても良いですが、それ以外の時間(16時間)には一切食べ物を食べてはいけないというダイエット方法です。

上記の時間(8時間)に関しては特に指定はありませんが、
要するに1日のうちの16時間食べない時間を作るのがこの方法の一番の要素になります。

もちろん「8時間のうちなら何でも食べてもいい」と言っても、暴飲暴食や過剰摂取は絶対にダメですし、高カロリーの物を食べてもいいというわけではありませんよ^^;

8時間ダイエットはなぜ痩せるの?

8時間ダイエットでは、食べない時間(16時間)で消化器官を休めることができ、内蔵や排出機能などの疲労回復に期待ができます。

実は食べるという行為自体は臓器へ負担がかかると言われていますので、
8時間ダイエットを行うことで体への負担軽減につながりますし、太りにくくなります。

また8時間ダイエットでは、自然と1日2食になるので結果的に1食分のカロリーを抑えることができます。

1食を抜くというのは初めは辛いかもしれませんが、
日々継続することで毎日の摂取カロリーが抑えられますので確実に痩せることができるというわけです。

8時間ダイエットの方法

http://www.photo-ac.com

8時間ダイエットは、「8時間の間なら何でも食べてもいい」という方法ですが、実際には難しい部分もありますよね・・。

やはり生活リズムやスタイルは人によって異なりますので、自分の生活スタイルに合った時間帯で行う必要があります。

朝食を抜くスタイル

普段から朝食を取らない方は、8時間ダイエットに取り組みやすいのかもしれません。

昼の12時から夜の8時」の間に食事を取り、それ以外の時間は一切食事をしないというスタイルです。

朝食を抜いても平気という方は、この時間帯で1度トライしてみてください^^

夕食を抜くスタイル

朝食を食べないとバリバリ動けない!」という方は、朝食は必須になるでしょう。

その場合は、夕食を抜くスタイルにしましょう。

朝9時から午後5時」の間に食事を取り、それ以降は食べないという方法ですね。

この場合夕食を抜くことになりますが、成功者の体験談として
お腹が空いたら寝る!」というテクニックも抑えておくといいでしょう。

やはり睡眠は空腹を紛らわしてくれるので、効果的だと言えます。

8時間ダイエットを成功させるために

8時間ダイエットを成功させるためには「単純に16時間食べない時間を作る」という手法だけでは大きな効果を発揮しません。

大きな成果を上げたいという方は、様々な工夫が必要になってきます。

8種類のスーパーフードを1日2種類摂取する

8時間ダイエットでは、推奨されている8種類のスーパーフードの中から1日2種類摂取するというルールがあります。

このスーパーフードは、ダイエット効果を最大限に引き出し、健康的に痩せるという意図があります。

推奨されているスーパーフードは下記の通りです。

  • 緑の葉野菜
  • 玄米や全粒粉パンなどの穀物
  • ナッツ類
  • 豆類
  • ベリー(いちごやブルーベリー)
  • 乳製品(ヨーグルトなど)
  • 色の明るい果物(リンゴやオレンジなど)
  • 卵と脂身の少ない肉

上記8種類のうち、1日2種類を目安に摂取するとより効果は増します。

バランスの良い食事を心がけて、上記の食べ物も同時に摂取すると良いでしょう。

軽い有酸素運動をする

ダイエットでは運動は必須なのですが、軽い有酸素運動を行うことでより一層効果が増します。

ちなみに上記に書いたような8種類のスーパーフードを摂取したり、普段から健康的な食事をすることで脂肪燃焼スピードや基礎代謝効果に期待できます。
なので比較的少ない運動で済むというわけです。

運動のメニューは、有酸素運動なので軽いランニングや筋トレ等を行いましょう。

もちろん長時間する必要もありませんし、ハードじゃなくても大丈夫です。

飲み物がカギを握る?!

http://www.photo-ac.com

8時間ダイエットでは、飲み物の摂取が非常に大切だと言われています。

食事をしない16時間では、飲み物は飲んでも全然大丈夫なのですが、
飲み物や飲む量には気をつけてください。

水を大量に飲む行為はNG

まず、空腹を紛らわすかのように水を大量に飲む行為ですが、
これはかえって逆効果になります。

大量の水の摂取は冷え症につながりますし、基礎代謝も低下します。

もしもたくさん飲みたい場合は、体温に近い温度の白湯がいいでしょう。

アルコールはもちろんダメ

8時間の中でも時間外でも、ダイエット中のアルコール摂取は基本的にやってはいけません。

ビールや酎ハイなどには糖質や含まれていますし、カロリーもそれなりに高いです。

やはりダイエットを少しでも妨害するような食べ物や飲み物の摂取はやめましょう。

コーヒーやお茶を上手に摂取しよう

まず、コーヒーは過度に摂取しなければ時間外に飲んでも構いません。

コーヒーにはリラックス効果や脂肪の分解を早めてくれる効果もあるので、
適度に摂取してもいいでしょう。

ただし、砂糖やミルクは入れないようにしてください。
時間外の摂取にはブラックコーヒーが一番いいですね☆

また、時間外の飲み物の摂取には水以外ではお茶がオススメです。

特にウーロン茶やプーアール茶は、脂肪吸収を抑えてくれたり新陳代謝アップにも期待できます。

普段の食事に取り入れたり、時間外に摂取したりと上手に飲用することが
ダイエット促進につながります。

まとめ

8時間ダイエットでは「成功した!」という口コミもあれば、「痩せなかった・・」という報告もありあす。

8時間ダイエットを成功させるためには、普段の食事の量を考えたり適度な運動をしたり、飲み物の摂取を上手に行ったりと、それなりの努力が必要です。

最初は大変かもしれませんが、ある程度継続することができれば、
1日2食が当たり前になり、苦痛を感じることがなくなるそうです。

このダイエット方法が成功すれば、1週間で3キロ、2ヶ月間続けることができれば10キロの減量も夢ではありません。

比較的短期間で痩せることができる8時間ダイエットですが、
これを機に試してみてはいかがでしょうか!

 - ダイエット, 断食系

こんな記事も読まれています