美容・健康・生活情報メディア「ネタコミ」

美容・健康・生活情報を中心に情報発信しています

*

重曹歯磨きのやり方!歯周病や虫歯の効果はあるのか?

      2016/11/02


当ブログでは記事内容の無断転載、部分的な転載、リライト、撮影した写真の転載を一切禁止しております。当ブログの利用規約はこちら ※当ブログでは対策のために記事・文章コピペ検出チェックツールを導入しております。

重曹はお掃除の様々なシーンに大活躍します。台所の油汚れや床の拭き掃除、洗濯などなど、大変万能なアイテムです。

しかし重曹の用途は掃除だけではありません。

なんとお菓子作りやうがい薬、そして今回の紹介する歯磨き粉にもなってしまうんです。

では果たして本当に重曹の歯磨きは効果があるのでしょうか?

今回は重曹の歯磨きのやり方や歯周病や虫歯などの効果について紹介したいと思います。

Sponsored Link

重曹の歯磨きは効果はあるのか?

ネットやツイッターなどで話題となった重曹を使った歯磨きは本当に有効なのでしょうか?

答えは、Yes!

重曹歯磨きは虫歯や歯周病の予防に効果があり、初期の虫歯であれば直すことも可能だと言われています。

そもそも重曹は別名「重炭酸ナトリウム」と呼ばれており、食品(ベーキングパウダーなど)などに使われているものです。

薬用、食用、工業用の3つのタイプに分けられており、今回のように歯磨きに利用する場合は食用や薬用のものを利用します。

なぜ虫歯や歯周病に効果があるのか?

ではなぜ虫歯や歯周病に効果があるのでしょうか?

それは、重曹が弱アルカリ性であることと、虫歯の原因である酸をアルカリ性で中和してくれるので、虫歯予防につながるのです。

初期の虫歯(痛みを感じない程度の虫歯)であれば、再石灰化で元の健康な歯に修復してくれる効果もあるようです。

そして歯周病ですが、こちらも重曹によって口の中を中性にして、歯垢や最近が付きにくい環境にしてくれるので有効です。

このように重曹による口内のセルフケアは非常に効果があるというわけです。

ホワイトニング効果も

虫歯や歯周病の他にも、ホワイトニング効果もあると言われています。

ホワイトニングは、お医者さんへ行くと高額な治療になってしまうので、こういった身近なものでホワイトニング効果を得ることができるのは非常に嬉しいですね☆

おまけに喫煙者の方は、タバコの黄色いヤニを取る効果もあるのだとか☆

もちろん正しい方法で行わないと歯が傷ついてしまうので、下記で説明する方法を守りながら実践してくださいね。

重曹歯磨きのやり方

重曹歯磨きの方法は簡単です。

食用や薬用の重曹を濡れた歯ブラシの先につけて歯を優しく磨くだけです。

重曹の量は、通常の歯磨き粉のように盛った量は必要ありません。

濡れた歯ブラシに軽く重曹が付いた程度で十分です。

また歯磨きをする際は、必ず柔らかい歯ブラシを使ってください。ただでさいえ研磨作用のある重曹ですので、やりすぎると歯が傷ついてしまう恐れがあります。

柔らかい歯ブラシで優しく磨くように心がけましょう。

あらかじめ「重曹の歯磨き粉を作っておく」という方法もありますが重曹のみでも変わりなく効果はあります。(ちなみに重曹歯磨き粉の作り方は、ハッカ油とグリセリンと重曹を混ぜて作ります)

重曹歯磨きの注意すべき点

一つだけデメリットといいますか、注意点があります。

それは重曹が持つ研磨作用によってエナメル質が削られて、歯が傷ついてしまうことです。

もちろん重曹磨きをすれば必ずエナメル質が削られるのではなく、重曹が磨きの頻度が多ければ多いほどそのリスクが高くなってしまうということです。

なので、重曹歯磨きは週に1回程度に抑えて、なおかつ歯磨きの際の重曹の量もたくさん使わないように注意してください。

重曹歯磨きの頻度や1度に使う重曹の量にさえ気をつければ、問題ないので安心してくださいね。

まとめ

重曹歯磨きは虫歯予防や歯周病予防に効果があります。

ただし間違ったやり方をしてしまうと歯が傷ついてしまうので、きちんとした方法で磨き、なおかつ重曹で磨く頻度も1週間に1回程度に抑えてくださいね。

週に1回の重曹磨きを1ヶ月継続するだけでも効果を得ることができます。

歯に問題のない方も含め、予防のために是非実践してみてくださいね!

 - 口内ケア

こんな記事も読まれています