美容・健康・生活情報メディア「ネタコミ」

美容・健康・生活情報を中心に情報発信しています

*

【ヨガ】片鼻呼吸法が効果的らしい!やり方を紹介します

      2016/11/02


当ブログでは記事内容の無断転載、部分的な転載、リライト、撮影した写真の転載を一切禁止しております。当ブログの利用規約はこちら ※当ブログでは対策のために記事・文章コピペ検出チェックツールを導入しております。

口呼吸から鼻呼吸に切り替えるだけで、身体への影響は変わってきます。

今回は、鼻呼吸の中でもヨガの呼吸と言われている「片鼻呼吸法」についてご紹介していきます。

Sponsored Link

最近は口をポケ〜と開けて口で呼吸する子どもが増えていると言われています。

様々な原因があるのですが、やはり幼少期から固いものを食べなかったり、離乳食の進歩によって軟食をメインに食べるという原因があるという。

やはり口で呼吸するよりも鼻で呼吸したほうがメリットがありますし、身体に与える影響も多くあります。

では本題の片鼻呼吸法について。

片鼻呼吸法とは?

片鼻呼吸法とは、その名の通り片方の鼻だけで呼吸する方法のことを指します。

つまり、片方の鼻を抑えて左右順番に呼吸する鼻を変えて呼吸する方法のことです。

片鼻呼吸法には、通常の鼻呼吸とは違った効果をもたらすと言われており、ヨガとして行う方もいるという。

片鼻呼吸法の効果

片鼻呼吸法は自律神経を整える効果があります。

右の鼻と左の鼻で呼吸することで、左右のバランスを整えて、頭がすっきりしたり、顔の血流が良くなると言われています。

では実際にやり方を見ていきましょう!

片鼻呼吸法のやり方

  1. 右手の人差し指を眉間にあてる
  2. 親指と中指の第二関節で鼻をつまむ
  3. 親指を開いてゆっくりと息を5秒間吸う
  4. 鼻を閉じて鼻腔に圧力をかける(10秒間息を止める)
  5. 今度は反対側の鼻から息を(5秒間)吐く
  6. 次に3の逆で中指側の開いてゆっくりち息を5秒間吸う
  7. 鼻を閉じて鼻腔に圧力をかける(10秒間息を止める)
  8. 親指から息を5秒間吐く

上記をワンセット(1往復)とし、5往復したら、ゆっくりと呼吸を整えます。

最初は無理せず自分のペースに合った方法で行い、慣れてきたら呼吸を長めに行うと効果的です。

まとめ

片鼻呼吸法には自律神経を整える効果があり、顔の血流の流れを良くしてくれます。

実際に筆者も片鼻呼吸法をトライしてみましたが、心地いいぐらいに心拍数が高くなり、顔に血液が流れる感じがしました。顔がスッキリした感じですね^^

鼻呼吸法自体も効果的ですから、是非トライしてみてくださいね!

 - ヨガ

こんな記事も読まれています