美容・健康・生活情報メディア「ネタコミ」

美容・健康・生活情報を中心に情報発信しています

*

海外通販サイトの外国語ページを日本語翻訳する方法

      2016/12/08


当ブログでは記事内容の無断転載、部分的な転載、リライト、撮影した写真の転載を一切禁止しております。当ブログの利用規約はこちら ※当ブログでは対策のために記事・文章コピペ検出チェックツールを導入しております。

海外の通販サイトを利用する時に、英語表記で何を書いているのか分からないことってありますよね。

そんな時に欠かせないのがブラウザの翻訳機能です。

今回は、海外の通販サイトを日本語翻訳する方法を解説していきます。

Sponsored Link

日本で人気の海外通販サイト

最近の海外の通販サイトは、日本人向けに日本語対応しているサイトが増えていますが、完全に日本語対応しているわけではありません。

当ブログで人気のiHerbは、日本語に対応しているものの一部の商品は英語表記です。

また、信頼度が高く海外で話題のMyproteinは完全に英語表記なので利用するためには日本語翻訳しなければなりません。

※日本版my proteinの通販サイトが開設されています。
Myprotein(日本版)

その他、通販サイト以外にも海外サイトを利用するには翻訳は欠かせません。

そこで各ブラウザ毎に翻訳方法を紹介したいと思います。

【Mac】Safariブラウザで翻訳機能を使う方法

まず、Macユーザーがよく使っているSafariブラウザの翻訳機能を使う方法です。

Safariの外国語翻訳は拡張機能「Translate」を使います。

Translateはこちらからインストールします。
Safari Extensions

検索入力画面にて「Translate」と検索します。

 

「Translate」をインストールします。

私はすでにインストール済みなので「Installed」と表示されていますが、インストールしていない方は「Install now」と表示されますのでこちらをクリックします。

あとは自動でインストールが行われます。

次に設定を行いますので「Safari」⇒「環境設定」をクリックします。

「拡張機能」を開いて、拡張機能「Translate」をクリックします。

主な設定は赤枠の「翻訳エンジン」と「翻訳言語」です。

  • Translate Pages via:Google翻訳かMicrosoft翻訳を選択
  • Translate to:Japanを選択

これで設定は完了です。

実際にブラウザで翻訳機能を利用してみましょう。

マウスの右クリックでメニューを出して「Translate this Page」をクリックします。

すると自動で翻訳されます。
翻訳機能を解除するにはもう一度同じメニューを開き、「Un Translate this Page」をクリックしてください。

また、ブラウザのツールバーをカスタマイズすることで翻訳アイコンを表示させることができます。

ツールバー上で右クリックすると「ツールバーをカスタマイズ」と表示されるのでクリックします。

「Translate」アイコンをツールバーへドラッグすることでカスタマイズすることが可能です。

この辺りはお好みで設定しましょう。

Google Chromeブラウザで翻訳機能を使う方法

次にWindowsで使われることが多いGoogle Chromeの翻訳機能を紹介します。

Google Chromeには翻訳機能がすでに搭載されていますので設定だけで利用することができます。

すでに翻訳機能がオンになっている場合、海外サイトを見るとこのようなバーが表示されます。

海外サイトを見てもこのように表示されない場合、以下の方法で設定を行ってください。

まずブラウザ右上の「:」から「設定」をクリックします。

一番下にある「詳細設定を表示」をクリックします。

「言語」にある「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」にチェックを入れます。

これでGoogle Chromeで翻訳機能を使うことができます。

【iPhone】Safariブラウザで翻訳機能を使う方法

次にiPhoneのSafariブラウザから翻訳機能を使う方法を紹介します。

まず翻訳アプリ「Microsoft Translator」をインストールしてください。

インストール後、Microsoft Translatorを開きます。

右下の歯車アイコンをタップします。

「Safari 翻訳言語」をタップします。

「日本語」をタップします。

次にSafariで外国語ページを開き、赤枠のアイコンをタップします。

「その他」をタップします。

「Microsoft Translator」をオンにします。

これでメニューに「Microsoft Translator」が追加されます。

翻訳すると、ご覧のように日本語化されます。

ページ毎に翻訳アイコンをタップすると日本語化されます。

【Android】Google Chromeで翻訳機能を使う方法

最後にAndroidなどで使用するGoogle Chromeで翻訳を使う方法を紹介します。

PCブラウザと同様に外国語ページを開くと、「翻訳しますか?」と表示されます。

表示されない場合、下記の設定を行ってください。

まず、右上のアイコンから「設定」をタップします。

「コンテンツの設定」をタップします。

「Google翻訳」をオンにします。

これで翻訳機能を使うことができます。

最後に

今回は、海外の通販サイトを日本語翻訳する方法を紹介しました。

設定自体は非常に簡単なのですぐに試すことができますよ^^

iHerbの一部のページや海外版Myproteinなどで買い物をする場合に是非翻訳を活用してみてくださいね。

※日本版my proteinの通販サイトが開設されています。
Myprotein(日本版)

 - 生活, 通販

こんな記事も読まれています